ジムヘッドのスリケンダイアリー

ニンジャスレイヤー関連の事とか百合作品の感想を書きます

映画「KING OF PRISM by PrettyRhythm」(通称キンプリ)感想(プリリズ未見)

遅くなりましたが皆様あけましておめでとうございます。新年一発目の記事はもう少し早く書こうと思っていたがなんやかんやでここまで伸びてしまった。内容も最初は全く別の内容で書こうと思っていたが、本日見に行った「KING OF PRISM by PrettyRhythm」(通称キンプリ)の内容があまりにも強烈だったのでその驚きのままに感想を書いていきたいと思う。

 

KING OF PRISM by PrettyRhythm」(以下キンプリと表記する)とは、2013~2014年に放送していた女児向けアイドルアニメプリティーリズム・レインボーライブ」に出てくる男性キャラにスポットを当てたスピンオフアニメ映画である。私はレインボーライブ含むプリティーリズムシリーズの後継作品に当たる女児向けアイドルアニメ「プリパラ」を途中から見始めたという経緯をたどっているのでプリティーリズム(以下プリリズと略す)に関してはプリパラの前身であり面白いと聞き、興味もあるのだがシリーズ50話程度という長さで敬遠しており全くの未見である、という状態である。

 では何故そんな私が一人キンプリを見に行くに至ったかというと、私はプリパラが好きで、Twitterでもプリパラのイラストを描いている漫画家の方をフォローしていたりプリパラ関連のツイート検索をしている。そんな時に漫画家の方やプリパラ関連の方々が「キンプリはいいぞ」「10回は見てグッズも買った」「麻薬」「危険ドラッグ」などとツイートし始め「おやっ?」と思い、更に「初見でも大丈夫」「むしろ初見で見て欲しい」、遂には「奢るから新規の人も見に行こう」というツイートを見て「ただ事ではないぞ」と感じ、元々プリリズにも興味があったので丁度出かける予定もあるしそのついでに見るかという軽い気持ちでキンプリを紹介しているブログでプリリズの知識を軽く予習してから見に行く事にした。映像で殴られるという話は聞いていたが、プリパラでCGライブシーンや演出にも慣れていたので凄いだろうけどそこまでビビるほどの物でもないだろうという気持ちで映画館に足を踏み入れた。

しかしその認識は甘かったのである。

そして上映開始から体感で5分ぐらい経過した時、僕は笑いながら脳内で

「一体何なんだこれは…。」

という感想が脳内を覆い尽くし、上映終了後には

「これが…僕はとんでもないものを見てしまった…。」

という感想に覆い尽くされ、

「大木フルスイングで殴られた上で大型トレーラーに轢かれた」

ような衝撃を味わい、もうすぐ控えているテストが終わったらもう一度見に行きたい、更にプリティーリズム・レインボーライブを見ようという衝動に駆られるようになった。その衝撃のままに、以下で詳しく感想を書いていく。

 

※以下映画の内容に触れます。該当箇所は文字の色を反転していますがご注意ください。(反転箇所を読みたい方はドラッグしてください)

 

まずプリリズのおおまかな設定に触れておく、プリリズの世界ではフィギュアスケートをモチーフに歌とダンスを合わせた「プリズムショー」という競技が行われておりその中でも一番の見せ場は「プリズムジャンプ」という演出である。先述した通り私はプリリズシリーズの後継作であるプリパラを見ていたので、CGライブには慣れていたし更にライブ中の演出に「メイキングドラマ」という物があったのでそこまで驚きはしないだろうと思っていた。しかしプリズムショー最大の見せ場であるプリズムジャンプは事前に予想していたものをはるかに超えて衝撃的だった。

こちらの映像を見ていただきたい。


劇場版「KING OF PRISM by PrettyRhythm」トレーラー(本編ver.)

 

 

この映像を見ていただければわかるように「花火が上がる中で男性が赤い糸に絡め取られて悶える」「褐色の屈強そうな男性がブレイクダンスで竜巻を起こしている」というような明らかに「ダンス…?」となるような映像が含まれているのがわかるだろう。

 

本編では更に目を疑うような映像が見られる。本編は3人組男性ユニット「Over The Rainbow」のライブシーンから始まるのだが、いきなり「分身しながら観客にハグを飛ばしてメロメロにする」「見に来ていた3人のライブに心を打たれた主人公がいきなり全裸空間に飛ばされて赤面する」という私の脳の理解が追い付かないような映像を見せられて、更に作中のダンスバトルのシーンでも「大きな剣を召喚して斬りつける」「竜を召喚して突っ込む」というような映像を最後までライブシーンの度に見せられ、遂に脳は爆発した。

 

そうして私はプリズムショーの凄まじさと素晴らしさを思い知ったのである。

 

ちなみにプリリズ未見でも問題無く見れた理由としては主人公がプリズムショーを全く知らない少年「一条シン」であり、私のようなシリーズ初見の人は彼の立場でストーリーを楽しめるからである。また原作から出ている「神浜コウジ」「速水ヒロ」「仁科カヅキ」の3人組についても軽く解説が本編内であり、総じてプリリズ未見でも問題無く楽しめるようになっているからである。

 

 ここまで映像の事ばかり語ってきたが、ストーリーも主人公であるシン君がプリズムショーと出会いその虜になり、プリズムスタァの世界に入っていくという事を軸にTV本編のキャラクターも絡みながら動いていく構成となっており約60分と短いながら見ごたえがある。

 

以上衝動のままにキンプリの感想について書いてきた。スピンオフから原作を見ようと思った映画はおそらくキンプリが初めてであり、早くも2回目が見たいと思っている。そしてできれば2回目はスクリーンの前で光る棒を振ったり声援を送ることが出来る応援上映会で見たい。改めて私に新たな煌めきを見せてくれたこの映画に感謝したい。そしてこの記事がキンプリを見るきっかけになれば嬉しい。

 

それでは最後に一言「キンプリを見てください。」